進和学園とは

歩 み

昭和33年   6月  1日    郷土の農村復興に生涯をささげた出縄意太郎氏の
             遺産をもって進和学園(児童30名)を設立。
  34年   4月 27日    厚生大臣より社会福祉法人進和学園の設立認可をうける。
  41年   4月   1日    進和万田ホーム(更生)を設置する。
  44年   4月   1日    いずみ保育園を設置する。
  49年   9月   1日    進和職業センター(社会就労センター)を設置する。
  53年   3月 31日    児童施設を廃止する。(成人施設に転換)
  53年   8月   1日    富士見保育園を設置する。
  53年   10月   1日    しんわいずみハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
  54年   4月   1日    しんわくすのきハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
  56年   4月   1日    国際障害者年を迎えてデイサービス(在宅重度者送迎)事業を始める。
  57年   4月   1日    進和福祉ホームを設置する。
  57年   9月 29日    湘南平福祉の店を開店する。平成8年4月よりともしびショップ湘南平として再発足。
  61年   6月   1日    進和やましろホームを設置する。
  61年   11月   1日    しんわ天神山ハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
  62年   4月   1日    進和万田の家(地域作業所)を設置する。
  63年   4月   1日    しんわしらさぎハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
  63年   4月   1日    しんわしらさぎハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
平成  3年   4月   1日    進和あさひホームを設置する。
    3年   4月   1日    進和万田ホームを通所更生とする。
    8年   4月   1日    ひらつか就労援助センターを開設する。
    8年   6月   1日    しんわ高村ハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
  10年   4月   1日    しんわなでしこハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
  12年   4月   1日    サンメッセしんわ(地域作業所)を設置する。
  13年   9月   1日    きららしんわ(進和職業センター分場)を設置する。
  13年   10月   1日    ひらつか生活支援センターを設置する。(神奈川県知的障害者生活支援事業を受託)
  14年   10月   1日    しんわさかえハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
  14年   10月   1日    障害児(者)地域療育等支援事業を受託。
  15年     4月   1日  地域作業所(万田の家・サンメッセしんわ)並びに分場きららしんわを統合し、
             通所授産施設サンメッセしんわを設置する。
  15年     4月   1日    しんわやえくぼ(サンメッセしんわ分場)を設置する。
  15年     4月   1日    万田ホームにて知的障害者居宅生活支援事業(居宅介護)を開始する。
  15年   10月   1日    しんわサンハイツを設置する。(国基準によるグループホーム)
  17年     2月   1日     祐貴荘イースト・祐貴荘ウェストを設置する。(国基準によるグループホーム)
  18年   3月   1日     一竜荘東・一竜荘西を設置する。(国基準によるグループホーム)
  18年   3月   1日     しんわルネッサンス福祉工場を設置する。
  18年   4月   1日     しんわルネッサンス社会就労センターを開始する。
             (進和職業センター通所の移転及び定員増)
  18年   4月   1日     障害児タイムケア事業を平塚市より受託。(ビーライトしんわにて実施)
  18年   10月   1日     相談支援事業並びに地域活動支援センター事業を平塚市より受託。
             (サンシティひらつかにて実施)
  19年     4月   1日     進和福祉ホームをグループホーム・ケアホームに転用。
  20年   4月   1日     地域就労援助センターに、障害者就業・生活支援センターを併設。
  20年   4月   1日     しんわルネッサンスが福祉工場を就労継続支援A型に、社会就労センターを
            就労継続支援B型に移行し、加えて就労移行支援事業を開始する。
  21年     6月   1日     進和万田ホームを建て替え、生活介護60名・
            短期入所8名として再スタート(ビーライトしんわを併設)。
  22年     4月   1日     平塚市より委託を受けて、平塚市西部福祉会館内にてつどいの広場どれみを開設する。
  22年     4月   1日     進和やましろホーム、進和あさひホームが入所厚生施設から
            施設入所・生活介護に移行する。
  23年     4月   1日     サンメッセしんわ・やえくぼが通所授産施設から
            就労継続支援B型・生活介護へ移行する。
  23年     4月   1日     進和学園が厚生労働大臣より在宅就業支援団体としての登録を認められる。    
  23年   9月 1日    しんわルネッサンスB型の従たる事業所として直営の食品販売店プチ・ブーケを開店する。
  24年   2月 1日    進和職業センターが入所授産施設から施設入所支援・生活介護に移行する。
  24年   2月 1日    ファミーユしんわ(グループホーム14ヶ所目の共同生活住居)を設置する。
  25年   4月 1日    ビーライトしんわにて放課後等デイサービス事業
            (タイムケアとソーシャルスキルトレーニングを統合)と障がい児相談を開始する。
  26年   2月 1日    進和職業センターを建替え、名称「はばたき進和」に変更し、
             入所40名・通所10名・短期入所10名として再スタート(4月より通所20名)。
             居室は全室個室のユニット式(10名単位)とする。
  26年   6月 5日    しんわルネッサンス1階の一部を改修し、農産品加工場「湘南工房」をオープン。
             農林水産省6次産業化ネットワーク事業の認定を受けて障がい者の就労支援と農業振興、
             地域活性化を目指したネットワーク事業を開始する。
  26年  8月 1日    ハイツ湘南平201・202を設置。しんわサンハイツ39号棟を廃止。
            (グループホーム共同生活住居15か所になる)
  26年  11月 1日    しんわいずみハイツを廃止し、グループホーム共同生活住居14ヶ所になる。
             (いずみ保育園建替整備のため)
  27年    4月 1日    しんわしらさぎハイツを廃止し、グループホーム共同生活住居13ヶ所になる。
             (いずみ保育園建替整備のため)
  27年    5月 1日    サンメッセしんわの生活介護事業を廃止し、就労継続支援B型のみに変更する。
  28年  4月 1日    いずみ保育園を建替え、定員を140名とする。
  28年    4月 1日    しんわブライトを開設し、放課後等デイサービス事業(タイムケアと
            ソーシャルスキルトレーニング)を開始する。
  28年   9月 1日    ハイツ湘南平201・202を統合設置変更しグループホーム共同生活住居12ヶ所になる。
  29年    3月 31日    しらゆり保育園(定員60名)の運営を社会福祉法人ときわ会より引き継ぐ。
創立開園式記念品について
『つかれ鵜や 子をふりかえり ふりかえり 一茶』の『のれん』でした。
作者は塚本伴光先生です。

採用情報

しんわ本人自治会連合会

とびっきりレインボーズ

バリア!フリフリ天国

 

HONDA車部品組立

しんわ商品カタログ

湘南とまと工房

いのちの森づくり

営業窓口会社

ページトップ