TOPページ新着情報進和学園とは施設紹介自主製品交通案内広報利用案内本人自治会連合会湘南工房
TOPページ>自主製品>いのちの森づくり>どんぐりブラザーズ

どんぐりブラザーズ/福祉施設間の育苗・育樹連携

私達から他の福祉施設に、苗木の栽培作業を業務委託し委託料を作業メンバーの工賃に還元する「苗木の栽培委託スキーム」を導入しています。研進の支援を得て、連携福祉施設「どんぐりブラザーズ」の皆さんによるポット苗の栽培事業がスタートしています。研進&進和学園スタッフが、知識やノウハウを提供し、栽培上の技術指導をさせて頂きます。
また、植樹後2~3年間は、雑草の生長により日照が遮られたり、つる性植物の被圧により苗木の生長が阻害されるため、定期的な育樹(除草)作業が必要となります。自然淘汰に任せられる樹高1.5~2mに達するまでの間、当該育樹作業を有償で連携福祉施設「どんぐりブラザーズ」の皆さんにお願いしご一緒に作業に励んでいます。

■育苗(苗木の栽培)の委託
現在、進和学園に加えて、次の5つの福祉施設「どんぐりブラザーズ」の皆さんが、参加されています。

①社会福祉法人湘南の凪・えいむ(生活介護:逗子市)
 湘南の凪取組みhp.jpg
 湘南の凪屋上育苗場IMG_7483hp1.jpg
   2012年4月より、施設の屋上スペースを活用して、タブノキ、シラカシ、アラカシ、スダジイ等
 の苗木を栽培頂いています。
   2013年5月4日、湘南国際村めぐりの森植樹祭を控え、湘南の凪の皆さんが育てたタブノキの苗
 80本がめでたく出荷されました。
 近年、夏は猛暑で大変ですが。屋上にある育苗場には、遮光幕を設置し対策を講じています。
 湘南の凪の皆さんとは、湘南国際村めぐりの森の育樹(除草)作業でも協働体制をとっており、
 親しく交流を図っています。

②社会福祉法人県央福祉会・パステルファームワーキングセンター(生活介護:相模原市)
    県央福祉会hp.jpg
 2012年10月より、同施設の園芸ハウスにおいて、シラカシとアカガシの苗木を中心に栽培頂い
 ています。元々、園芸に親しんでおられる皆さんによる苗木づくりの成果が楽しみです。

③NPO法人パソボラサークル (就労継続支援B型:小田原市)
 20170322パソボラサークル青木様hpIMG_8368.jpg2013年2月より、同施設の農業ステーションにおけるポット苗の栽培委託が開始されました。
 広い敷地と豊富な湧水を活用して多数の苗木を栽培しています。露地栽培ですが、直射日光と風対策のために、遮光幕をうまく活用されています。
 2015年度には、1万5,000本以上の苗木を栽培するまでに体制が整備され、現在では2万本近くとなりました。
 施設から比較的近距離の開成南小学校や松田町自然館の植樹には、パソボラサークルの皆さんが育てた苗木が多数利用されています。        
         パソボラ育苗場IMG_7297hp.jpg
     パソボラサークルIMG_7765hp.jpg
パソボラ露地栽培hpDSCN2039.jpg
 NPO法人パソボラサークル・農業ステーション「 いのちの森づくり」

④社会福祉法人よこすか黎明会 横須賀ヘーメット (生活介護:横須賀市)
横須賀ヘーメット育苗ハウスhpIMG_6043.jpg 2014年10月より、同施設の園芸ハウスにおいて、タブノキのポット苗栽培が開始されました。
 その後、専用ハウス(写真)が設けられ、雨水の貯水槽及び井戸水の設備も完備され本格的な取り組みに発展しています。アラカシの幼苗の栽培も追加してお願いしています。湘南国際村めぐりの森での育樹(除草)作業にも参加頂いており、頼り甲斐のある連携メンバーとして期待されています。

⑤社会福祉法人あすなろの会 みとおし
(就労継続支援B型、山梨県都留市)
あすなろの会hpIMG_5636.jpg 2015年7月より、同施設の敷地内にて、シラカシ、アカガシのポット苗栽培が開始されました。
 神奈川県以外の福祉施設では、初めての育苗連携となります。標高600m以上で冬季は雪も降ることがあり、寒さに比較的強い樹種を選定しました。また、2016年春より、独自に東北産の落葉樹ミズナラのポット苗栽培にもチャレンジ頂いています。東北被災地の森を育むことも夢見ながら、皆さん、作業に励んでいます。

あすなろの会・苗木のお求め
⇒ (社)あすなろの会・いのちの森づくり「マホロバ」

■育樹(除草)作業の委託

湘南国際村育樹KIMG0465hp.jpg
             * * * * * * * * * * * * * * * * *
樹高30~50cmの2~3年生苗は、成長期で活着率が高く、苗木の価格も安いことから植樹活動に最適です。但し、3年間程は雑草の被圧に影響され易いので育樹(要するに草むしりです)が必要となります。苗木が雑草に負けない位に成長すると、「その土地本来の木」であれば自然淘汰に委ねメンテナンス不要となります。
現在、育樹作業は、湘南の凪(えいむ)、横須賀ヘーメット、パソボラサークル、小田原支援センター、足柄緑の会(コスモス学園)並びに静岡県掛川地区においては、NPO法人時ノ寿の森クラブ様の仲介で掛川市内の複数の福祉施設の皆さんに参加頂いています。
      国道134袖ケ浜hpIMG_9067.jpg
私達が、毎年、春と秋に植樹活動に参加している湘南国際村めぐりの森の育樹(除草)を、6~7月並びに10~11月に実施しています。研進&進和学園の他、湘南国際村に近い「湘南の凪」、「横須賀ヘーメット」、「ラビー(ラパン)」の皆様と協働体制で作業に励んでいます。進和学園「いのちの森づくり基金」を活用して、障害者の自立・就労支援の一環として継続的に行っているものです。
    20170602湘南国際村育樹hpIMG_9029.jpg
  集合写真hpIMG_4067 (2).jpg
写真:2012年7月24日 進和学園・湘南の凪・バニーフース(ラビー)・研進の育樹仲間と。
   作業を終えて、皆、良い笑顔をしていますね!

TOPページ>自主製品>いのちの森づくり>どんぐりブラザーズ